母乳 ミルク 授乳

母乳がちゃんと出ているか心配になった

 

 

"37週で出産したため、小さく生まれました。そのため、吸う力も弱かったのか、病院に入院している間徐々に体重が減少していき、危うく子供のみ継続入院するところでした。

 

退院前は母乳とミルクの混合で育てており、私の母乳もあまり出ていませんでしたので、マッサージや抱き方を変えたりと色々行いながら毎日体重をはかり、減っていないか緊張して授乳していました。

 

その後退院してからは、体重計で体重の確認ができないため、とにかく少しでも多くミルクが飲めるようにと混合で続ける予定でした。しかし、子供が途中で哺乳瓶をいやがるようになり母乳のみでそだてざるをえなくなりました。とにかく子供が泣いたら、母乳を与えていたのですが、30分以上ずっと乳房をくわえたまま離さず、ずっと飲み続けており、本当に母乳が出ていて、足りているのかがとても不安になりました。その後、少しずつくわえている時間が短くなったのですが、検診にいったり体重を量ってもらったりすると小柄と毎回言われました。これにより本当に母乳が足りているのかとても不安になりました。"

体重でなく元気に遊んでいればよいと気持ちを切り替える。

 

 

"現在、10ヶ月になりますが、まだ夜は授乳が2,3回必要です。また、検診にいくたびに標準よりも小さめなので体重や身長は出来る限り確認してくださいと言われています。そして、最近では授乳回数が減ったことによりおっぱいが張ることも減ってきました。そのため、子供が母乳を飲んでいる間に出なくなっているのではないかと不安になることがあります。

 

しかし、少しではありますが、張っていたおっぱいが授乳することにより、しぼんでいくのが見た目でわかるし、子供が吸っている感覚があるので、出ているのだろうと思うことにしました。
 
また、体重や身長も小柄ではありますが、少しずつは増えているので大丈夫と自分に言い聞かせています。

 

そして、なにより毎日元気に遊んだりハイハイしたり泣いたりしてくれるので、大丈夫だと安心しています。

 

毎晩、長い時間授乳をしておりなかなか離してくれませんが、これもまた出ていないのではなく、離したくないんだろうと思い、あまり不安にならないようにしています。"

こんな記事も読まれています♪